肖像画のウェルカムボードのご依頼をお考えの方へ~ウェルカムボードの基礎知識~

ウェルカムボードの制作を依頼しようと考えたとき、そもそもウェルカムボードとはどのようなものかを確認しておきたいものですよね?こちらでは、ウェルカムボードや肖像画の制作をお受けしているtakamichi_art*が、ウェルカムボードの基礎知識についてご紹介いたします。ウェルカムボードとはどのようなもので、サイズはどのように決めればよいのでしょうか。また、ウェルカムボードにはどのような要素を取り入れるものなのでしょうか。ウェルカムボードの制作をお考えの方はぜひ参考になさってください。

ウェルカムボードとは~ウェルカムボード・肖像画のご依頼はtakamichi_art*~

ウェルカムボード

ウェルカムボードとは

結婚式・結婚披露宴・結婚パーティーなどの会場の入り口や受付など、ゲストを迎える場所に飾られているボードをウェルカムボードと呼びます。二人の個性を演出するために手作りしたり、おしゃれな会場の雰囲気に合わせてプロに制作を依頼したりすることも少なくないようです。

ウェルカムボードのタイプ

ウェルカムボードのタイプは様々ありますが、代表的なものをご紹介します。

・写真タイプ

前撮りの写真を大きく印刷したものや、思い出の写真を複数使っておしゃれにコラージュしたものなど、新郎新婦の幸せな姿をゲストに見てもらうことができます。

・絵画タイプ

新郎新婦二人の似顔絵や肖像画などを友人が描いたもの、プロに依頼して制作したものなど、写真とは異なる個性を演出することができます。

・寄せ書きタイプ

当日ゲストに寄せ書きをしてもらったものを集めて完成するタイプです。ウェルカムボードができ上がっていく過程に参加することで、ゲストに楽しんでもらうことができます。

ウェルカムボードの役割

ウェルカムボードを飾ることで、以下のような役割があります。

・会場案内の役割

ウェルカムボードが飾ってあることで、披露宴などが行われている会場の場所を示すことができます。入り口がわかりにくいようなレストランで貸し切りパーティーを行うときや、同時に数組の披露宴が行われるような大きな会場で、ゲストをスムーズに誘導できるでしょう。

・ゲストをおもてなしする役割

個性的なウェルカムボードであれば、ゲストが待ち時間に話題にしたり一緒に写真を撮ったりして楽しむことができます。ウェルカムボードを通じて、新郎新婦がその場にいなくても、おもてなしをすることができるのです。

・感謝の気持ちを伝える役割

ウェルカムボードにメッセージを書いておけば、当日集まってくれたゲストへ感謝の気持ちを伝えることができます。結婚式などの当日、新郎新婦は忙しく、全てのゲストとゆっくり話すことは難しいものです。会場に着いて最初にゲストが目にするウェルカムボードが、新郎新婦に代わって感謝の気持ちを伝える役割をします。

takamichi_art*では、デジタル肖像画によるウェルカムボードの制作を承ります。

ウェルカムボードのサイズについて~デジタルウェルカムボード・肖像画ならサイズは自由自在!~

ウェルカムボードのサイズの決め方

ウェルカムボードのサイズに迷うことがあると思いますが、どこに飾るかを考えてサイズを決めることをおすすめします。

・式場やパーティー会場の入り口に飾る場合

ゲストの出入りが多くある入り口付近にウェルカムボードを飾る場合は、見逃されることがないように大きめに制作することをおすすめします。足を止めて見てもらうためには、A2サイズもしくはA1サイズで制作するとよいでしょう。

・受付横・待合室に飾る場合

ゲストの移動が少ない受付横や待合室内にウェルカムボードを飾る際は、そこまで大きくなくても目に入るものです。A4サイズもしくはA3サイズでもしっかりとアピールすることができるでしょう。

デジタルならサイズを気にしなくても大丈夫!

写真のデジタル画像や、デジタルで描かれた似顔絵・肖像画を使用したウェルカムボードであれば、制作の際にサイズを気にする必要がありません。制作したのち、お好きなサイズに、何枚でもプリントすることができます。

新郎新婦ご本人が制作をする場合だけでなく、ご友人からウェルカムボードをプレゼントする際にもサイズ選びに失敗したということがありません。データをプレゼントすれば、新郎新婦の使いやすいサイズにプリントしてもらうことができます。

takamichi_art*では、デジタルで制作する肖像画やウェルカムボードのご注文をお受けしています。作画可能の最大ピクセル(2732×2048)で描き、デジタルデータで納品いたします。大きなサイズでプリントしていただいても高画質を保つことが可能です。

ウェルカムボードに入れると良い要素~肖像画を使用したウェルカムボードの制作はtakamichi_art*~

ウェルカムボードを制作する際には、具体的にどのような要素を取り入れて作ることが一般的なのかをご説明いたします。

新郎新婦の姿

写真・似顔絵・肖像画などで幸せな二人の姿をゲストに見てもらうのと同時に、誰の結婚式の会場であるかを一目で知らせることができます。

新郎新婦の名前

二人の名前を、こだわって選んだおしゃれなフォントで表記しましょう。
近年は、ファーストネームのみの表記をするケースも珍しくありません。

ウェルカムメッセージ

新郎新婦の想いをこめた、ゲストへのメッセージを記載しましょう。

日付

結婚式やパーティーを行う日付は、今後も大切な記念日になるものです。ウェルカムボードにも記載することで、振り返ったときにより思い出深くなります。

会場名

会場名の記載は省略する方も少なくないようですが、お気に入りの会場であれば記載することで思い出にもなります。

takamichi_art*では、デジタル制作による肖像画を基にしたウェルカムボードをご提供しています。お二人の肖像画だけでなく、メッセージや日付など、ご希望のものは何でもウェルカムボードに記載することができますので、ぜひご相談ください。

制作や納期のご相談・お問い合わせはこちら

デジタル肖像画のウェルカムボード制作ならtakamichi_art!~納期のご相談はお気軽に~

案内

ウェルカムボードは、結婚式やパーティーの会場に飾ることでゲストを案内するだけでなく、感謝の気持ちを伝えることができる大切なアイテムです。飾る場所によってサイズを検討する必要がありますが、デジタルで制作されたものであれば後から好きなサイズに好きなだけプリントできるので大変便利です。

また、プレゼントとしてウェルカムボードを贈る際にもサイズの心配をしなくて済みます。takamichi_art*では、デジタル肖像画を基にしたウェルカムボードの制作依頼をお待ちしています。作画可能の最大ピクセルで描きますので、大きくプリントしても高画質を保ちます。制作内容によって納期は異なりますので、まずはお問い合わせください。

肖像画のウェルカムボードを依頼するならtakamichi_art*まで

店舗名 takamichi_art*
代表者名 天野 隆佑
営業時間 10:00 - 20:00
定休日 木曜日
電話番号 090-1968-0015
事業内容
  • 似顔絵LINEスタンプ制作
  • WEB肖像画制作
  • ウェルカムボード制作
URL https://takamichiart.com/