お知らせ

NEWS

『ペットといっしょに肖像画』販売開始しました。
2021/01/26
『おまえさんもオレとおんなじでひとりぼっちかい?』

あれはまだ残暑と言っていいぐらい蒸し暑い10月の夜だった。
オレがいつものようにひとり寂しくポケモンGOをしながらポツポツ歩いてると、細い路地裏に停めてある汚い軽トラの下に緑に光る二つの光をみつけたんだ。
『ん?仔猫ちゃん。おまえさんもオレとおんなじでひとりぼっちかい?』
と話しかけるとトコトコと車の下から出てきたのは、生まれて間もないまだ毛も生え揃っていない薄汚れた仔猫だった。
『みゃあみゃあ…』
オレのアディダスのスニーカーに絡みついてくるのでしゃがみ込んで背中をさすってやった。
鋭利な刃物のように尖っていた肩甲骨はオレの手のひらを突き刺すぐらいに、その薄汚れた仔猫はガリガリに痩せ細っていた…
『みゃあみゃあみゃあ…』
『おまえさん、ガリガリじゃないか!腹が減ってるんだな…』
オレはさっきコンビニで朝メシ用に買ったドーナツを仔猫に食わせてみた。
『ガツガツガツ!ぐるるるる!』
唸り声を上げながらものすごい勢いでドーナツをむさぼり食う仔猫の背中をさすりながらオレはいつの間にか号泣していた…

オレとアイツの出会いはこんな感じ。
それからオレ達は毎夜路地裏で密会を重ねた。
アイツは生きるための空腹を満たすために、オレはただ生きているだけの虚しさを癒すために…

あれからかれこれ1ヶ月が経ったあの日、いつものようにオレは軽トラの前まで来るとアイツに話しかけた。
『よう、おまえさん、今日はおまえの大好きなバウムクーヘンを持ってきてやったぜ。』
いつもなら喜んで車の下から飛び出し、オレのアディダスに絡みついてくるのに、何故か今日は反応がない。
不審に思って軽トラの下を覗き込んでみるとアイツは『みゃあ…』と力なく鳴いて、それでも一生懸命に右前脚をギブスで固定したような格好で、他の3本脚でぴょんぴょんとビッコを曳きながら、途方に暮れるオレの目の前に歩いてきたんだ…
『おまえ!どうしたんだ!怪我しちまったのか⁉︎』
『ちきしょう…オレが早く連れて帰ってやらなかったからこんなになっちまって…』
オレはアイツと初めて会ったあの日と同じように号泣していた。

『決死の救出作戦』

一日も早く医者に連れていかなきゃという思いが無意識にオレの右手を動かして、アイツはフワッと持ち上がった。
とても軽かった。
『にゃあっ!』
驚いたように反射的に逃れようと身体を揺するアイツ…
『ああーっ!』
黒いトートバッグまであと少しのところでアイツはオレの手を振り払ってぴょんぴょんとまるでウサギのように跳ねながら暗い草むらの中に姿を消してしまった。
 
オレのせいでアイツに怪我をさせてしまったこととアイツを捕まえるのを失敗してしまったダブルショックを引きずりながら、オレは誰もいない安いワンルームに重い足を進めた。
灯りのついていない重いドアを開けると、オレは『ふぅ〜…』とひとつ深いため息をついた。
空き缶とカップラーメンの空で散らかったタバコ臭い部屋が、涙で滲んでなんだかいつもより広く見えた。
部屋に入るとオレは狂ったように部屋の掃除をした。
足の踏み場もないほどに散らかっていたあの部屋が夜が明ける頃にはすっかり片付いていた。
『ほう。この部屋こんなに広かったんだ。これならアイツが引っ越してきても大丈夫だな。』
オレは人生初めての猫との生活に想いを馳せていた。

深夜になるのが待ち遠しかった。
次は失敗すまいとググって得たプチ情報の洗濯ネットはもちろん用意済みだ。
『おーい。おまえさん。今日もおまえの大好きなバウムクーヘンを持ってきてやったぜ。』
下心を見透かされないように上ずる声を抑えながら軽トラの下にいるはずのアイツに話しかけた。
『おーい!』
何度呼んでも反応がない!
『おーい!』
もう一度叫びながら車の下を覗き込んでみると…いないっ!
オレは膝をついてケータイの灯りで車の下を隅から隅まで照らしてみたがやっぱりいない…
『いったい…どこにいっちまったんだ…』
涙をこらえながら見上げた空には、そろそろ冬を告げるオリオン座が滲んでいた。
オレは歩いた。一晩中歩いた。
それこそ猫一匹いない寝静まった街を重い足を引きずりながら…

ほとんど諦めていた三日目の夜だった。
なんとアイツは軽トラの前でオレを待っていた!
『夢じゃないよな?』
溢れる涙を拭うようにオレは目をこすり、アイツの方に駆け出していた。
『みゃあ〜!』
高い声を精一杯絞り出しながら、アイツもオレの方に向かってぴょんぴょんと跳ねるように駆けてきた!
『おまえさん!大丈夫か⁉︎元気にしてたのか⁉︎』
『みゃあ〜!』
相変わらず高い声で叫んだまま、アイツはオレのアディダスに激しく身体を擦りつけてきた。
『さぁ!食べろ!よっぽど腹が減って我慢できずに命がけで出てきてくれたんだな…』
オレはやっぱり号泣していた。
『ガツガツガツ!ぐるるるる!』
いや、泣いてる場合じゃない。
オレはアタマを振って我に返った。
夢中で食べてる間に掴み上げて洗濯ネットに入れるしかない…ラストチャンスだ!
ドクンドクンドクン…失敗は許されない。
自分の心臓の鼓動が聞こえるのは遥か遠い昔の甘酸っぱい記憶のファーストキスの時以来だ。
『ふぅーー。』
大きく息を吐き出した瞬間、オレの右手はアイツの首を掴んでいた。
『え?暴れないの⁉︎』
『みゃあ…』と小さく鳴いたアイツは、オレが左手で広げた洗濯ネットの中に収まった。
まるで『よろしく』と言いながら自らの意思で入ったかのように…

とはいえ初めて体験するトートバッグの中は恐怖以外のなにものでもないだろう。
『ごめんよ…ごめんよ…』
トートバッグの中にいるはずのアイツは、全く鳴かないどころか全く動きもしない。
手負のアイツは窒息しちゃってるんじゃないかという不安に押し潰されそうになりながらオレは小走りにワンルームに急いだ。

『ようこそ!ここがおまえの新しい部屋だ。』

『はぁ、はぁ、はぁ…』
部屋の前にたどり着くとオレは呼吸を整えた。
ポケットを探って部屋の鍵を取り出した手は、うまく鍵穴に入らないほどに震えていた。
なんとかドアを開け、アディダスを蹴るように脱いで部屋に飛び込み、感度の悪くなった蛍光灯のスイッチをつけると、まるで『割れもの注意』と書いたダンボールを扱うようにそぉ〜っとトートバッグをベッドの上に置いた。

動かない。

3秒ぐらいの時間がまるで永遠のように長く感じた。
その時だった。
固唾を飲んで見ていたトートバッグが、前後左右にもぞもぞと動き出し、そしてパタンと倒れた。
オレは恐る恐るトートバッグを持ち上げて中から洗濯ネットを取り出そうとしたその瞬間、洗濯ネットが大きく歪んでトートバッグがベッドの上をゴロゴロと転がり出した。
『おいおいおい。今すぐに出してやるからちょっと待て。』
逃げ回るトートバッグをなんとか捕まえ形を変える洗濯ネットを取り出し、もがく手を振り払いながらジッパーを開けた。
『にゃああああああっ!』
断末魔のような大きな叫び声を上げ、アイツは窓際のカーテンを駆け上がった。
『ふぅ〜〜〜〜〜…』
カーテンレールの上から大きく見開いた目でオレを見つめるアイツを見ながら、オレは大仕事をやり遂げた達成感と、またカーテンを駆け登れるほど元気な姿を見た安堵感から、自分でもびっくりするぐらいの大きな息を吐き出した。

よほど新しい環境に慣れなかったのだろう。
結局アイツがカーテンレールの上から降りたのは、カーテンの色が少し白んできた朝方だった。
まんじりともせずに見守っていたオレの横をすり抜け、あっという間にベッドの下に入り込んでしまった。

そこからオレとアイツの我慢比べが始まった。
カーテンの向こうが暗くなって夜になってもアイツはベッドの下に立てこもっていた。
『おーい。おまえさん。いつまで頑張るんだい?お水も美味しいごはんも、おまえ専用のあったかいベッドも用意してあるから、安心して出ておいでよ。』
ベッドの下を覗き込んでみると、いちばん奥の部屋の隅っこでうずくまりながら、恨めしそうな目でこちらを見ていた。

『みゃあ…みゃあ…』
遠くの方で聞こえる猫の鳴き声でオレは意識が戻った。
徹夜が続いたせいか、オレは電気も付けずにそのまま眠ってしまっていたようだ。
『みゃあ…みゃあ…』
とても悲しそうな声でアイツは泣いた…まるで生き別れた母親を呼ぶように…
『ごめんな…呼んでも誰も来ないんだよ…今日からオレがおまえのかあさんだ…』
オレの涙の連続記録はまた一日伸びた。
アイツの鳴き声は朝まで続いた。
オレの徹夜の記録もまた一日伸びた。

アイツがベッドの下に立てこもって二日目の夜を迎えた。
飲まず食わずで体力もそろそろ限界のはずだ。
ベッドの下を覗き込むと、アイツは昨日よりも少し手前のところにいた。
『よし。そこなら手を伸ばせば届くかも知れない。』
オレはベッドの横に寝そべり、身体の右半分を限界までベッドの下に潜り込ませ、精一杯右手をアイツの方に伸ばした。
『みゃあ…』
オレの右手が柔らかいぬくもりに触れた瞬間、アイツは優しく鳴いた。
まるで母親に甘えるように…
オレはアイツの心に届くように朝まで右手を伸ばし続けた…指先にぬくもりを感じながら。

想いが通じたのか、翌朝アイツは照れ臭そうな顔をしてオレの目の前に座っていた。
『おはよう。これからよろしくな。』
『みゃあ。』
短く鳴いたその顔がオレには微笑んでいるように見えた。
カーテンの隙間から差し込む光でまるで後光が射すように光るアイツのシルエットを眺めながら、オレはこれから始まるアイツとの甘い生活に心躍らせていた。

『おまえ、オレが大好きなポケモンのロコンに似てるよな。そうだ!今日からおまえはロコンだ!ロコンっ!どうだ?とっても良い名前だろう?』
アイツは短く『みゃあ。』と頷いた。
後で気づいたんだがアイツのしっぽ、鍵しっぽで先が曲がっていて、ちょうど数字の『6』に見えるんだ。

どうだい?とてもでき過ぎた話だろう?

おわり

我家の愛しい恋人との出会いを小説風にご紹介しましたが、あなたの何よりの尊い家族とのツーショットを、お部屋のリビングやケータイの待受、また各種SNSのアイコンにいかがですか?
お気に入りの一枚の写真を肖像画にするのももちろんいいですが、異なる2枚の写真からのコラボも承ります。
どうぞお気軽にお問い合わせください。
『ペットといっしょに肖像画』販売開始しました。
『ペットといっしょに肖像画』販売開始しました。
女優の橋本環奈さんを描いてみました♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
2020/10/03
ロート製薬株式会社のメンソレータムが主催する『雪国環奈イラコン』キャンペーンに参加するために女優の橋本環奈さんを描いてみました♪
外面的な美しさだけではなく、環奈さんが内に秘めた想いを表現しました♪
女優の橋本環奈さんを描いてみました♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
女優の橋本環奈さんを描いてみました♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
父・母と子の『デジタルノスタルジー電車アート』発売♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
2020/07/30
『あのね、お父さん。ボクね、大きくなったら電車の運転手になるんだ。』

キミは初夏のあの日、目をキラキラさせてそう言ったね。
電車の最前列で車窓を見つめるその小さな瞳に映る、流れていく緑色の木々が輝く。
対向列車がすれ違う時の警笛音に思わず『敬礼』をしたキミは、この世に存在する何よりも眩しかった。
そして今、あの日輝いていたキミの瞳に映るのは、キラキラと輝く瞳でじっと前を見据えた、あの日のキミとそっくりな少年…

『あのね、パパ。ボクね、大きくなったら電車の運転士になるんだ!』

男性なら誰しも、一度は電車の運転士に憧れたのではないでしょうか?
運転士への憧れは別にしても、お父さんやお母さん、また息子さんと電車に乗ってピクニックや遊園地に出かけた思い出は必ずあるはずです。

そんなあなたの思い出を、takamichi_art*が『デジタル電車アート』で甦らせます。

プリントしてお部屋に飾るのはもちろん、ケータイの待受画面や各種SNSのアイコンとしてもお使いいただけます。

描いて欲しいご家族のお写真と背景にしたい電車の写真をご用意ください。
もし電車の写真が手元にない場合は、当スタジオでご希望の電車の画像を探しますのでご安心ください。
アニメ調に描かれたあなたが大好きな電車に、リアルなタッチのあなたとお父さんや息子さんが運転士として乗務します。

かつて夢見る少年だった自分へのプレゼントとして遥か遠い懐かしい日々のノスタルジーに浸るもよし、あるいは何かの記念日に、あなたがかつて熱く夢を語った相手であるお父さんへプレゼントすると、きっと涙を流して喜ばれることでしょう。

また自慢の息子さんの誕生日に、この『デジタル電車アート』で一足早く夢を叶えてあげるのはいかがでしょうか?
息子さんが立派に成長して父親になった時この『デジタル電車アート』をみて、きっとあなたに想いを馳せることでしょう。

お気軽にお問い合わせください。
父・母と子の『デジタルノスタルジー電車アート』発売♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
父・母と子の『デジタルノスタルジー電車アート』発売♪ https://takamichiart.com/page02.aspx
『デジタルペットアート』販売開始しました!https://takamichiart.com/page02.aspx
2020/06/16
大好きなシュガーへ

キミと家族になった日、ボクはキミに『永遠にいっしょにいよう』って言ったね。
その後もボクは、キミがいなくなってしまうことが怖くてことある毎にずっとこの言葉を囁いているよね。

普段はとても穏やかなのに、ボクが帰った時だけテンションが上がって部屋中を駆け回り、ボクの顔中に喜びのキスの嵐をくれるね。
キミは、ボクが幸せな時も辛い時もいつもずっと傍らにいて和ませてくれて、本当にいつも助かってるよ。
シュガー、心から大好きだよ…キミはボクの恋人だ。

『シュガー、永遠にいっしょにいよう…』
またこの言葉を囁いてしまったね…
あとどれくらいいっしょにいれるかわからないけど…
いつまでも、いつまでもいっしょにいよう…そう、いつまでも…


わんちゃんねこちゃんを飼われている方は、少なからずこういう感情をお持ちなのではないでしょうか?
大切な恋人・わんちゃんねこちゃんと、いつも、いつまでもいっしょにいたい…

そんなあなたの願いを叶えるために、takamichi_art*では、わんちゃんねこちゃんの肖像画をお手軽に手にしていただけるよう、『デジタルペットアート』を販売する運びとなりました。

ケータイの待受画面にしてずっと連れて歩くのはもちろん、各種SNSのアイコンとしての使用や、プリントしてお部屋に飾るのも当然オッケーです。

描いて欲しいペットのお写真と背景にしたいお写真をご用意ください。
アニメ調の背景の中にリアルなタッチの愛犬・愛猫を、プロのイラストレーターが感動の作品を完璧に描きます。
『デジタルペットアート』販売開始しました!https://takamichiart.com/page02.aspx
『デジタルペットアート』販売開始しました!https://takamichiart.com/page02.aspx
初心者でもOK!LINEスタンプ作成講座開催!https://takamichiart.com/page02.aspx
2020/06/04
#おうちでお絵かき講座・LINEスタンプ作りが学べます♪

お子様やペット、また自分の似顔絵LINEスタンプを自分自身で作ってみませんか?
自分の似顔絵が入った『想いが伝わる』オリジナルLINEスタンプができるだけではなく、LINEでスタンプの販売もできるので、お小遣いが稼げちゃいます!

似顔絵なんか描いたことない…そもそも絵を描くのが苦手(><)
そんな初心者の方でも大丈夫!
当スタジオは写真を加工して似顔絵を描くので、誰がみてもそっくりな似顔絵を描くことができ、その似顔絵を使用してオリジナルのLINEスタンプが誰でもできちゃいます!
似顔絵の作画からスタンプの作成、LINEへの申請からリリース・販売までを責任を持って最後まで根気よく、優しく親切に指導致します。 
※今回の受講によりスタンプ作成のスキルを習得が顕著であると認められた場合、takamichi_art*のスタンプ制作スタジオスタッフとして働いていただきます!

①LINEやzoom、スカイプを使用してのおうちで気軽に受けられるオンライン講座
②大阪梅田のスタジオでの教室
③ご自宅にお伺いしてのマンツーマン講座

それぞれ若干名募集します。
料金は一回2時間程度の指導で①②が¥3,000-、③が¥5,000-と目的地までの交通費
初回の体験レッスンを受講していただき、気に入った場合は2回目以降のレッスンをご予約ください。

※LINEスタンプの申請がWEBのみであることから、当然似顔絵やスタンプの作成もデジタルで行う必要があるため、講座の受講はiPadを持っている方のみに限り、また作画するためにはアップルペンシル(電子ペン)をご用意いただく必要があります。
初心者でもOK!LINEスタンプ作成講座開催!https://takamichiart.com/page02.aspx
初心者でもOK!LINEスタンプ作成講座開催!https://takamichiart.com/page02.aspx